【重要】保育所等訪問支援事業へ参画します!

 

 

皆様、いつもふたばをご利用いただきありがとうございます。

 

タイトルに記載されています通り、この度株式会社HIMAWARIは『保育所等訪問支援事業』に参画いたします。

 

ふたばに関わる皆さまへさらなる支援を提供できるかと思いますので、ぜひご一読ください。

 

 

保育所等訪問支援事業とは?

 

保育所等訪問支援事業は、平成24年に作られた障害児通所支援のひとつです。

 

また、保育所等訪問支援事業は改正児童福祉法によって設けられております。

 

保育所等訪問支援事業は、保育所や幼稚園、小学校などの集団生活の場に通っている障がい児に対する支援です。

 

この事業では、2週間に1度程度、障がい児と一緒に支援員が障がい児の通う施設を訪問し、必要な支援や環境整備を行います。

 

このことから、障がい児が安心して快適に保育所や幼稚園、小学校などで集団生活を送ることを支援する取り組みと言えます。

 

 

保育所等訪問支援事業の目的とは

 

保育所等訪問支援事業の目的のひとつに、

 

障害者の地域社会への参加と包容(インクルージョン)の推進

 

があります。

 

これは、障がい児が健常児との交流を図る機会を多く提供するといった意味です。

 

しかし、実際には健常児と共に集団生活を送る障がい児は多くはありません

 

なぜなら、障がい児と健常児が障壁なく関わることができる体制が整っている施設が少ないからです。

 

しかし本来は、障害児に対する理解を幼少時から持つためにも、社会生活で一緒に生活を送ることが重要。一方、健常児への認識を深めるために、障害児に困りごとや生きづらさがあっては意味がありません。

 

そこで、健常児と共に集団生活を送る障がい児の支援や環境調整、保育士や教師などに対する障がいへの理解を深められる支援として保育所等訪問支援が注目されています

 

 

保育所等訪問支援事業の業務内容

 

集団のなかで直接支援を提供

 

保育所等訪問支援は、保護者からの依頼を受けてから、担当者が障がい児を一緒に普段生活している集団の中に入り込んで支援をします。

 

障がい児の様子や現場の環境などをよく観察し、専門的知見から支援すべき事柄を見定めることが必要なので、重要な業務内容のひとつとして挙げられます。

 

環境整備

 

集団生活を送る障がい児のなかには、集団に関わる健常児やスタッフの障がいに対する適切な理解を得られず、悩みを抱えているケースも珍しくありません。

 

保育所等訪問支援サービスでは、障害に対する専門的な知見に基づき、障害児が困難を減らしながら集団生活を送れるよう環境を整えます

 

スタッフへの間接的支援

 

保育所等訪問支援サービスでは、対象の施設スタッフに対しての間接的的支援も行います。

 

障害児の持つ特性への理解を求めたり、接する際のコツなどを教示したりすることで、障害児が集団のなかで生活しやすいようにします。

 

 

ふたばでの取り組み

 

実際にふたばでは下のような取り組みを行います。

 

①重症心身障害児のケア経験豊富なスタッフが担当

 

重症心身障害児のみならず、子どもには疾患特性や家族背景を考慮した環境整備や集団生活上の設定が必要不可欠です。

 

ふたばでは専門的知見が豊富なスタッフが対応し、効果的な環境整備やスタッフへの関わりを行なっていきます。

 

②医療的ケア児には小児専門の看護師が担当

 

医療的ケア児にとって、集団生活の場での医療的ケアは必須です。

 

環境整備の際にも生命活動を維持するための設定は必要不可欠ですので、ふたばでは小児専門の看護師が担当し、安全な環境整備を提供します。

 

③学校での取り組みとふたばの活動計画をリンクさせる

 

保育所等訪問支援サービスを行う上で重要なことの一つが、施設・集団生活・家庭での取り組みがリンクしていることです。

 

それぞれの場所で違う目的のケアを提供していては、効果的な発達支援にならないかもしれません。

 

そこでふたばでは、それぞれの場所で一貫したケアやサービスが提供されるように活動計画のリンクを行います。

 

 

最後に

 

ぜひこの機会にふたばの保育所等訪問支援サービスをご利用ください。

 

問い合わせからご連絡いただけますと担当スタッフが対応いたします。

RECENT POSTS